source: arduino-1-6-7/trunk/fuentes/arduino-ide-amd64/java/man/ja_JP.UTF-8/man1/rmiregistry.1 @ 4837

Last change on this file since 4837 was 4837, checked in by daduve, 2 years ago

Adding new version

File size: 4.5 KB
Line 
1'\" t
2.\" Copyright (c) 1997, 2014, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
3.\"
4.\" Title: rmiregistry
5.\" Language: Japanese
6.\" Date: 2013年11月21日
7.\" SectDesc: Remote Method Invocation (RMI)ツール
8.\" Software: JDK 8
9.\" Arch: 汎用
10.\" Part Number: E58104-01
11.\" Doc ID: JSSOR
12.\"
13.if n .pl 99999
14.TH "rmiregistry" "1" "2013年11月21日" "JDK 8" "Remote Method Invocation (RMI)"
15.\" -----------------------------------------------------------------
16.\" * Define some portability stuff
17.\" -----------------------------------------------------------------
18.\" ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
19.\" http://bugs.debian.org/507673
20.\" http://lists.gnu.org/archive/html/groff/2009-02/msg00013.html
21.\" ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
22.ie \n(.g .ds Aq \(aq
23.el       .ds Aq '
24.\" -----------------------------------------------------------------
25.\" * set default formatting
26.\" -----------------------------------------------------------------
27.\" disable hyphenation
28.nh
29.\" disable justification (adjust text to left margin only)
30.ad l
31.\" -----------------------------------------------------------------
32.\" * MAIN CONTENT STARTS HERE *
33.\" -----------------------------------------------------------------
34.SH "名前"
35rmiregistry \- 現在のホストの指定したポート上にリモート・オブジェクト・レジストリを開始します。
36.SH "概要"
37.sp
38.if n \{\
39.RS 4
40.\}
41.nf
42\fBrmiregistry\fR [ \fIport\fR ]
43.fi
44.if n \{\
45.RE
46.\}
47.PP
48\fIport\fR
49.RS 4
50リモート・オブジェクト・レジストリを開始する現在のホスト上の\fBport\fRの数。
51.RE
52.SH "説明"
53.PP
54\fBrmiregistry\fRコマンドは、現在のホストの指定したポート上にリモート・オブジェクト・レジストリを作成し、開始します。portの指定を省略した場合、レジストリはポート1099で開始します。\fBrmiregistry\fRコマンドに、出力機能はありません。通常、これはバックグラウンドで実行されます。次に例を示します。
55.sp
56.if n \{\
57.RS 4
58.\}
59.nf
60\fBrmiregistry &\fR
61 
62.fi
63.if n \{\
64.RE
65.\}
66.PP
67リモート・オブジェクト・レジストリは、ブートストラップのネーム・サービスです。同一ホストのRMIサーバーが、リモート・オブジェクトを名前にバインドするために使用されます。次に、ローカルおよびリモート・ホストのクライアントはリモート・オブジェクトを検索し、リモート・メソッドの呼出しを行います。
68.PP
69レジストリは、一般的に、最初のリモート・オブジェクトの位置を指定します。そこで、アプリケーションはメソッドを呼び出す必要があります。その後、そのオブジェクトはアプリケーション指定のサポートを提供し、他のオブジェクトを探します。
70.PP
71\fBjava\&.rmi\&.registry\&.LocateRegistry\fRクラスのメソッドは、ローカル・ホスト、またはローカル・ホストとポートで動作するレジストリを取得するために使用されます。
72.PP
73\fBjava\&.rmi\&.Naming\fRクラスのURLベース・メソッドはレジストリに対して操作を実行し、任意のホストおよびローカル・ホストでのリモート・オブジェクトの検索に使用できます。単純名(文字列)をリモート・オブジェクトにバインドし、新しい名前をリモート・オブジェクトに再バインドし(古いバインドをオーバーライド)、リモート・オブジェクトをアンバインドし、レジストリにバインドされているURLをリスト表示します。
74.SH "オプション"
75.PP
76\-J
77.RS 4
78Javaオプションとともに使用して、\fB\-J\fRの後ろに続くオプションをJavaインタプリタに引き渡します(\fB\-J\fRとオプションの間にスペースは入れません)。
79.RE
80.SH "関連項目"
81.sp
82.RS 4
83.ie n \{\
84\h'-04'\(bu\h'+03'\c
85.\}
86.el \{\
87.sp -1
88.IP \(bu 2.3
89.\}
90java(1)
91.RE
92.sp
93.RS 4
94.ie n \{\
95\h'-04'\(bu\h'+03'\c
96.\}
97.el \{\
98.sp -1
99.IP \(bu 2.3
100.\}
101\fB「java\&.rmi\&.registry\&.LocateRegistry」\fR(http://docs\&.oracle\&.com/javase/8/docs/api/java/rmi/registry/LocateRegistry\&.html)
102.RE
103.sp
104.RS 4
105.ie n \{\
106\h'-04'\(bu\h'+03'\c
107.\}
108.el \{\
109.sp -1
110.IP \(bu 2.3
111.\}
112\fB「java\&.rmi\&.Naming class description」\fR(http://docs\&.oracle\&.com/javase/8/docs/api/java/rmi/Naming\&.html)
113.RE
114.br
115'pl 8.5i
116'bp
Note: See TracBrowser for help on using the repository browser.