source: arduino-1-6-7/trunk/fuentes/arduino-ide-amd64/java/man/ja_JP.UTF-8/man1/servertool.1 @ 4837

Last change on this file since 4837 was 4837, checked in by daduve, 2 years ago

Adding new version

File size: 8.9 KB
Line 
1'\" t
2.\" Copyright (c) 2001, 2014, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
3.\"
4.\" Title: servertool
5.\" Language: Japanese
6.\" Date: 2013年11月21日
7.\" SectDesc: Java IDLおよびRMI-IIOPツール
8.\" Software: JDK 8
9.\" Arch: 汎用
10.\" Part Number: E58104-01
11.\" Doc ID: JSSOR
12.\"
13.if n .pl 99999
14.TH "servertool" "1" "2013年11月21日" "JDK 8" "Java IDLおよびRMI-IIOPツール"
15.\" -----------------------------------------------------------------
16.\" * Define some portability stuff
17.\" -----------------------------------------------------------------
18.\" ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
19.\" http://bugs.debian.org/507673
20.\" http://lists.gnu.org/archive/html/groff/2009-02/msg00013.html
21.\" ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
22.ie \n(.g .ds Aq \(aq
23.el       .ds Aq '
24.\" -----------------------------------------------------------------
25.\" * set default formatting
26.\" -----------------------------------------------------------------
27.\" disable hyphenation
28.nh
29.\" disable justification (adjust text to left margin only)
30.ad l
31.\" -----------------------------------------------------------------
32.\" * MAIN CONTENT STARTS HERE *
33.\" -----------------------------------------------------------------
34.SH "名前"
35servertool \- 開発者が永続サーバーを登録、登録解除、起動、停止するための使いやすいユーザー・インタフェースを提供します。
36.SH "概要"
37.sp
38.if n \{\
39.RS 4
40.\}
41.nf
42\fBservertool\fR \-ORBInitialPort \fInameserverport\fR [ \fIoptions\fR ] [ \fIcommands \fR]
43.fi
44.if n \{\
45.RE
46.\}
47.PP
48\fIoptions\fR
49.RS 4
50コマンド行オプション。オプションを参照してください。
51.RE
52.PP
53commands
54.RS 4
55コマンド行コマンド。コマンドを参照してください。
56.RE
57.PP
58\fBservertool\fR\fBservertool >\fR\fBservertool >\fR
59.SH "説明"
60.PP
61\fBservertool\fRコマンドは、開発者が永続サーバーを登録、登録解除、起動、停止するためのコマンド行インタフェースを提供します。コマンド行コマンドを使用すると、サーバーに関する様々な統計情報を取得できます。コマンドを参照してください。
62.SH "オプション"
63.PP
64\-ORBInitialHost \fInameserverhost\fR
65.RS 4
66このオプションは必須です。ネーム・サーバーが実行され、着信リクエストをリスニングするホスト・マシンを指定します。\fBnameserverhost\fR値は、\fBorb\fRが実行され、リクエストをリスニングしているポートを指定する必要があります。このオプションを指定しない場合、値はデフォルトで\fBlocalhost\fRに設定されます。\fBorbd\fRと\fBservertool\fRが異なるマシン上で実行されている場合は、\fBorbd\fRが実行されているホストの名前またはIPアドレスを指定する必要があります。
67.sp
68\fB注意:\fR
69Oracle Solarisでは、1024より小さいポート上でプロセスを開始するには、rootユーザーになる必要があります。\fBnameserverport\fR値には、1024以上のポート番号を使用することをお薦めします。
70.RE
71.PP
72\-J\fIoption\fR
73.RS 4
74Java Virtual Machineに\fBoption\fRを渡します。\fBoption\fRには、Javaアプリケーション起動ツールのリファレンス・ページに記載されているオプションを1つ指定します。たとえば、\fB\-J\-Xms48m\fRと指定すると、スタートアップ・メモリーは48MBに設定されます。java(1)を参照してください。
75.RE
76.SH "コマンド"
77.PP
78\fBservertool\fRコマンドは、コマンド行コマンドを使用して、または使用せずに起動できます。
79.sp
80.RS 4
81.ie n \{\
82\h'-04'\(bu\h'+03'\c
83.\}
84.el \{\
85.sp -1
86.IP \(bu 2.3
87.\}
88\fBservertool\fRの起動時にコマンドを指定しなかった場合、コマンド行ツールにコマンド入力を求める\fBservertool\fRプロンプトが表示されます:
89\fBservertool >\fR。
90.RE
91.sp
92.RS 4
93.ie n \{\
94\h'-04'\(bu\h'+03'\c
95.\}
96.el \{\
97.sp -1
98.IP \(bu 2.3
99.\}
100\fBservertool\fRの起動時にコマンドを指定した場合、Java IDL Server Toolが起動してコマンドを実行し、終了します。
101.RE
102.PP
103register \-server \fIserver\-class\-name\fR \-classpath \fIclasspath\-to\-server\fR [ \-applicationName \fIapplication\-name\fR \-args \fIargs\-to\-server\fR \-vmargs \fIflags\-for\-JVM\fR ]
104.RS 4
105Object Request Broker Daemon (ORBD)に新規永続サーバーを登録します。サーバーが未登録の場合、登録してアクティブ化します。このコマンドによって、\fB\-server\fRオプションで識別されるサーバーの\fBメイン\fR・クラス内でインストール・メソッドが呼び出されます。このインストール・メソッドは、\fBpublic static void install(org\&.omg\&.CORBA\&.ORB)\fRになっている必要があります。インストール・メソッドはオプションであり、開発者はデータベース・スキーマの作成など独自のサーバー・インストール動作を指定できます。
106.RE
107.PP
108unregister \-serverid \fIserver\-id\fR | \-applicationName \fIapplication\-name\fR
109.RS 4
110サーバーIDまたはアプリケーション名で、サーバーをORBDから登録解除します。このコマンドによって、\fB\-server\fRオプションで識別されるサーバーの\fBメイン\fR・クラス内でアンインストール・メソッドが呼び出されます。
111\fBuninstall\fRメソッドは、\fBpublic static void uninstall(org\&.omg\&.CORBA\&.ORB)\fRになっている必要があります。\fBuninstall\fRメソッドはオプションであり、開発者は\fBinstall\fRメソッドの動作の取消など、独自のサーバー・アンインストール動作を指定できます。
112.RE
113.PP
114getserverid \-applicationName \fIapplication\-name\fR
115.RS 4
116\fBapplication\-name\fR値に対応するサーバーIDを返します。
117.RE
118.PP
119list
120.RS 4
121ORBDに登録されているすべての永続サーバーに関する情報を一覧表示します。
122.RE
123.PP
124listappnames
125.RS 4
126現在ORBDに登録されているすべてのサーバーのアプリケーション名を一覧表示します。
127.RE
128.PP
129listactive
130.RS 4
131ORBDによって起動され、現在実行されているすべての永続サーバーに関する情報を一覧表示します。
132.RE
133.PP
134locate \-serverid \fIserver\-id\fR | \-applicationName \fIapplication\-name\fR [ \-endpointType \fIendpointType\fR ]
135.RS 4
136登録されたサーバーで作成したすべてのORBの特定のタイプについてエンドポイント(ポート)を検出します。サーバーが実行されていない場合、アクティブ化されます。\fBendpointType\fR値が指定されていない場合、サーバーのORBごとに関連付けられているplainタイプまたはnon\-protectedタイプのエンドポイントが返されます。
137.RE
138.PP
139locateperorb \-serverid \fIserver\-id\fR | \-applicationName \fIapplication\-name\fR [ \-orbid \fIORB\-name\fR ]
140.RS 4
141登録されたサーバーの特定のObject Request Broker (ORB)で登録されたエンドポイント(ポート)を検出します。サーバーが実行されていない場合、アクティブ化されます。\fBorbid\fRが指定されていない場合、デフォルト値の\fB""\fRが\fBorbid\fRに割り当てられます。ORBが空文字列の\fBorbid\fRで作成されている場合、登録したポートがすべて返されます。
142.RE
143.PP
144orblist \-serverid \fIserver\-id\fR | \-applicationName \fIapplication\-name\fR
145.RS 4
146サーバー上に定義されたORBの\fBORBId\fRを一覧表示します。\fBORBId\fRはサーバーで作成されたORBの文字列名です。サーバーが実行されていない場合、アクティブ化されます。
147.RE
148.PP
149shutdown \-serverid \fIserver\-id\fR | \-applicationName application\-name
150.RS 4
151ORBDに登録されたアクティブなサーバーを停止します。このコマンドの実行中に、\fB\-serverid\fRパラメータまたは\fB\-applicationName\fRパラメータで指定されたクラス内に定義された\fBshutdown\fRメソッドも呼び出されてサーバー・プロセスを停止します。
152.RE
153.PP
154startup \-serverid \fIserver\-id\fR | \-applicationName application\-name
155.RS 4
156ORBDに登録されたサーバーを起動またはアクティブ化します。サーバーが実行されていない場合、このコマンドがサーバーを起動します。サーバーがすでに実行されている場合は、エラー・メッセージが表示されます。
157.RE
158.PP
159help
160.RS 4
161\fBservertool\fRコマンドを介してサーバーが利用できるすべてのコマンドをリストします。
162.RE
163.PP
164quit
165.RS 4
166\fBservertool\fRコマンドを終了します。
167.RE
168.SH "関連項目"
169.sp
170.RS 4
171.ie n \{\
172\h'-04'\(bu\h'+03'\c
173.\}
174.el \{\
175.sp -1
176.IP \(bu 2.3
177.\}
178orbd(1)
179.RE
180.br
181'pl 8.5i
182'bp
Note: See TracBrowser for help on using the repository browser.