source: arduino-1-6-7/trunk/fuentes/arduino-ide-amd64/java/man/ja_JP.UTF-8/man1/unpack200.1 @ 4837

Last change on this file since 4837 was 4837, checked in by daduve, 3 years ago

Adding new version

File size: 5.3 KB
Line 
1'\" t
2.\" Copyright (c) 2004, 2014, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
3.\"
4.\" Title: unpack200
5.\" Language: Japanese
6.\" Date: 2013年11月21日
7.\" SectDesc: Javaデプロイメント・ツール
8.\" Software: JDK 8
9.\" Arch: 汎用
10.\" Part Number: E58104-01
11.\" Doc ID: JSSOR
12.\"
13.if n .pl 99999
14.TH "unpack200" "1" "2013年11月21日" "JDK 8" "Javaデプロイメント・ツール"
15.\" -----------------------------------------------------------------
16.\" * Define some portability stuff
17.\" -----------------------------------------------------------------
18.\" ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
19.\" http://bugs.debian.org/507673
20.\" http://lists.gnu.org/archive/html/groff/2009-02/msg00013.html
21.\" ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
22.ie \n(.g .ds Aq \(aq
23.el       .ds Aq '
24.\" -----------------------------------------------------------------
25.\" * set default formatting
26.\" -----------------------------------------------------------------
27.\" disable hyphenation
28.nh
29.\" disable justification (adjust text to left margin only)
30.ad l
31.\" -----------------------------------------------------------------
32.\" * MAIN CONTENT STARTS HERE *
33.\" -----------------------------------------------------------------
34.SH "名前"
35unpack200 \- \fBpack200\fR(1)で作成されたパック・ファイルを、WebデプロイメントのためにJARファイルに変換します。
36.SH "概要"
37.sp
38.if n \{\
39.RS 4
40.\}
41.nf
42\fBunpack200\fR [ \fIoptions\fR ] input\-file \fIJAR\-file\fR
43.fi
44.if n \{\
45.RE
46.\}
47.PP
48\fIoptions\fR
49.RS 4
50コマンド行オプション。オプションを参照してください。
51.RE
52.PP
53\fIinput\-file\fR
54.RS 4
55入力ファイルの名前。pack200 gzipファイルかpack200ファイルを指定できます。入力ファイルには、\fBpack200\fR(1)で作成されたJARファイルを指定することもできます(手間は\fB0\fRです)。この場合、入力ファイルの内容はPack2000マーカーで出力JARファイルにコピーされます。
56.RE
57.PP
58\fIJAR\-file\fR
59.RS 4
60出力JARファイル名。
61.RE
62.SH "説明"
63.PP
64\fBunpack200\fRコマンドは、\fBpack200\fR\fB(1)\fRで作成されたパック・ファイルをJARファイルに変換するネイティブ実装です。一般的な使用方法は次のとおりです。次の例では、デフォルトの\fBunpack200\fRコマンド設定で、\fBmyarchive\&.jar\fRファイルが\fBmyarchive\&.pack\&.gz\fRから作成されます。
65.sp
66.if n \{\
67.RS 4
68.\}
69.nf
70\fBunpack200 myarchive\&.pack\&.gz myarchive\&.jar\fR
71 
72.fi
73.if n \{\
74.RE
75.\}
76.SH "オプション"
77.PP
78\-Hvalue \-\-deflate\-hint=\fIvalue\fR
79.RS 4
80JARファイル内のすべてのエントリに\fBtrue\fR、\fBfalse\fRまたは\fBkeep\fRのデフレーションを設定します。デフォルト・モードは\fBkeep\fRです。値が\fBtrue\fRまたは\fBfalse\fR場合、\fB\-\-deflate=hint\fRオプションはデフォルトの動作をオーバーライドして、出力JARファイル内のすべてのエントリのデフレーション・モードが設定されます。
81.RE
82.PP
83\-r \-\-remove\-pack\-file
84.RS 4
85入力パック・ファイルを削除します。
86.RE
87.PP
88\-v \-\-verbose
89.RS 4
90最小限のメッセージが表示されます。このオプションの複数の仕様には、より詳細なメッセージが表示されます。
91.RE
92.PP
93\-q \-\-quiet
94.RS 4
95メッセージを表示せずに動作するように指定します。
96.RE
97.PP
98\-lfilename \-\-log\-file=\fIfilename\fR
99.RS 4
100出力メッセージが記録されるログ・ファイルを指定します。
101.RE
102.PP
103\-? \-h \-\-help
104.RS 4
105\fBunpack200\fRコマンドに関するヘルプ情報を出力します。
106.RE
107.PP
108\-V \-\-version
109.RS 4
110\fBunpack200\fRコマンドに関するバージョン情報を出力します。
111.RE
112.PP
113\-J\fIoption\fR
114.RS 4
115Java Virtual Machineにoptionを渡します。\fBoption\fRには、Javaアプリケーション起動ツールのリファレンス・ページに記載されているオプションを1つ指定します。たとえば、\fB\-J\-Xms48m\fRと指定すると、スタートアップ・メモリーは48MBに設定されます。java(1)を参照してください。
116.RE
117.SH "注意"
118.PP
119このコマンドと\fBunpack\fRコマンドを混同しないでください。これらは別製品です。
120.PP
121JDKに付属するJava SE API仕様との相違が見つかった場合には、仕様を優先してください。
122.SH "終了ステータス"
123.PP
124次の終了値が返されます: 正常終了の場合は0、エラーが発生した場合は0より大きい値。
125.SH "関連項目"
126.sp
127.RS 4
128.ie n \{\
129\h'-04'\(bu\h'+03'\c
130.\}
131.el \{\
132.sp -1
133.IP \(bu 2.3
134.\}
135pack200(1)
136.RE
137.sp
138.RS 4
139.ie n \{\
140\h'-04'\(bu\h'+03'\c
141.\}
142.el \{\
143.sp -1
144.IP \(bu 2.3
145.\}
146jar(1)
147.RE
148.sp
149.RS 4
150.ie n \{\
151\h'-04'\(bu\h'+03'\c
152.\}
153.el \{\
154.sp -1
155.IP \(bu 2.3
156.\}
157jarsigner(1)
158.RE
159.sp
160.RS 4
161.ie n \{\
162\h'-04'\(bu\h'+03'\c
163.\}
164.el \{\
165.sp -1
166.IP \(bu 2.3
167.\}
168「Compression Formats for Network Deployment」
169
170http://docs\&.oracle\&.com/javase/8/docs/technotes/guides/jweb/networking/compression_formats\&.html
171.RE
172.sp
173.RS 4
174.ie n \{\
175\h'-04'\(bu\h'+03'\c
176.\}
177.el \{\
178.sp -1
179.IP \(bu 2.3
180.\}
181「Java SE Technical Documentation」
182(http://docs\&.oracle\&.com/javase/)
183.RE
184.br
185'pl 8.5i
186'bp
Note: See TracBrowser for help on using the repository browser.